不完全の美

日記

 

そうね

 

完成されたものでなくて

 

不完全な 所に

 

美しさは

あると思う!

 

不完全なところに

人は

何か 違和感を見つけ

 

そこに

魅力を 見つける

 

 

 

作家の本質というものを

見つけられる!

 

別に 絵で無くても

人を 観ても

 

私は

惹きつけられる

 

 

 

 

 

========

 

 

 

 

だいぶ前の

日曜美術館で

 

彫刻家

平櫛田中(ひらくしでんちゅう)

が あっていた

 

作りすぎてしまうのではなくて

あえて表現しない部分を

作品の中に残し

見る側が

そこで想像力を働かせていく

想像力を働かせた世界と

実際に作り出された形

との共闘によって

一つの芸術空間を創り出していくという

 

 

これは

 

 

岡倉天心が

日本美術の特質として

繰り返しして指摘している

不完全の美

 

 

=====

 

 

 

 

 

 

私も

 

そうだと思う

 

 

だけど

 

完全な

 

完全

ともいえないものしか

いまだ

描けていないのに

 

ましてや

不完全な美

なんて、、、、

 

 

 

その

一歩先は

 

はるか彼方で

 

とてつもなく

 

遠い

 

 

考えると

眠れない

 

 

また

夜中に目が覚めた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました