お隣さん

ばあちゃんの絵

 

うちの隣の奥さん

 

40代位かな?

ちょっと ふっくらした 大柄なひと。

 

ご主人が 亡くなりました。

ご挨拶する程度の お付き合いでしたが、、

ご近所には そのことを内緒にしてほしい

雰囲気でしたので

私も何も言いませんでした。

 

ただ、

何か

私でできることがあれば 言ってね。

と ひとこと いいました。

 

亡くなって3ヶ月が経ちました。

時々若い男の人が

白いスポーツカーで

ブルンブルンと

来るようになりました。

 

それが

朝 犬のご飯の時あたり 毎日くるのです。

なにか 見てはいけないもののように 思いましたので

気がつかないふりしてました。

 

ある日

犬の ブラシを

かけている時

その 男の人はきました。

車から降りてきません、

どうも 私が近くにいるので

車からから 降りれないでいるようなのです。

そんな 雰囲気でしたので

犬のブラシは 半分でそこそこで

急いで

家に入りました。

 

現在は もう 一緒に暮らしているようですが

なんとなく 見られたくない、、、

という 雰囲気が

こちらに 伝わってきます。

 

あっ、いるかな?

と 思った時は

サッと

私は家に入るように気をつけています。

 

ある日

長男が 物置の 荷物を 取りにきました。

その時

ちょうど その人がいて

 

あっ!と

一瞬 私は思ったのですが。

長男は

そんな事情はしりません。

 

『こんにちわ!』と

大きな声で。

 

お隣の 奥さんはびっくりしたことでしょう

慌てて

『こんにちわ!』

返事してました。

 

今は幸せそうにみえます。

 

 

 

うちの 周りには

いろんな人が住んでいます。

 

 

 

紙にパステル(ヨーグルトパッケージ用に 描きましたが、実際使いませんでした。)

 

 

 

 

 

もう直ぐ地域の草取りがあります。

普段ご挨拶程度の お付き合いの人たちですが

この日は

べちゃくちゃ 喋りながらの

草取りです。

 

草はその一週間前にシルバー人材センターの

人たちが きれいにとってくれてるので

そんなに 取るほどないのです。

 

なんで 草があんまりないのに

するのかなー?

いう気はしますが、、、

地域の草取りは

みんなの大切な

コミニュケーションを はかるようになってるのかな。

 

貴重な日曜日

無駄なようにも思いますが

これも 大切な行事かなー

と 思います。

 

コメント

  1. 瑠美子 より:

    その青年がよい方であるように祈ります。

    • baba より:

      瑠美子さん、コメント ありがとうございます。

      そう、願っています。
      いま、時々 娘さんを
      朝など駅まで送ってあげたりしてるようです。

      良かったなーと 思っています。

タイトルとURLをコピーしました